AEA認定エステティシャン資格について

AEA認定エステティシャン資格を取得するには

AEA認定校に通うか、実務経験を積みサロンで働きながら受験するかの2通りあります。


1. AEA認定校でのカリキュラム修了者

AEA認定校では、豊富な経験と最新の知識と技術を保有する「AEA認定講師」の指導の下で、当協会が編纂したテキストとカリキュラムによって授業が運営されており、エステティック全般の知識と技術を総合的に効率よく習得することができるため、そこで学ぶ人材は、実践的に活躍できるエステティシャンとして業界へ就職しています。

AEA認定校一覧

認定校では、カリキュラム履修時間数300h相当(通学または通信)で、AEA基礎資格の『認定エステティシャン』取得を目指し、カリキュラム履修時間数1,000h相当で、上位資格の『上級認定エステティシャン』取得までを目指します。


2. エステティックサロンでの実務経験者

既にエステティシャンとして仕事をしている方は、実務経験年数によりどの資格からの受験も可能です。
※詳細は下記の表をご覧ください。

また、AEA認定校卒業者で資格所得され実務経験を積まれた方も更なるステップアップで最上位資格「AEA認定インターナショナルエステティシャン」取得を目指し、プロのエステティシャンとしてのキャリアプランに役立てて下さい。

●各試験受験対象者
資格名称 受験資格 試験実施
AEA認定
エステティシャン
エステティックに関連する実務経験(フェイシャル又はボディ)が1年以上ある方 一般財団法人日本エステティック試験センター
試験についてはこちら
AEA上級認定
エステティシャン
下記の何れかに該当する方
  • フェイシャル又はボディに関して2年以上の実務経験を有する方
  • AEA認定エステティシャン資格又は他団体の同等以上の資格(※1)を取得後、フェイシャル又はボディに関して1年以上の実務経験を有する方
(※1)一般財団法人日本エステティック試験センター加盟各団体の「認定エステティシャン」資格
当協会

筆記(一次)試験詳細は、こちら
AEA認定
インターナショナル
エステティシャン
下記の何れかに該当する方
  • AEA上級認定エステティシャン資格又は他団体の同等以上の資格(※1)を取得後、フェイシャル又はボディに関して2年以上の実務経験を有する方
  • AEA上級認定エステティシャン資格又は他団体の次の資格(※2)のいずれかを保有し、フェイシャル又はボディに関して通算5年以上の実務経験を有する方
(※1)一般社団法人日本エステティック協会発行の「認定上級エステティシャン」、特定非営利活動法人日本スパ・ウエルネス協会発行の「認定ビューティセラピスト」
(※2)一般社団法人日本エステティック協会発行の「認定上級エステティシャン」、「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」、特定非営利活動法人日本スパ・ウエルネス協会発行の「認定ビューティセラピスト」、CIDESCOインターナショナルディプロマ、ITECビューティーセラピスト、INFAゴールドマスター国際パスポート、ICAMアドバンスト レベル2 ビューティシャン
当協会

筆記(一次)試験詳細はこちら

このページのトップへ